*

2017年1月

クレジットカード現金化の換金率の相場などについて

ショッピング枠で購入した商品を換金する行為を、クレジットカード現金化といいます。

ショッピング枠が使えれば、キャッシングなどと比べて簡単に行うことができます。

ただし、自分で行う場合にはカード利用停止になるリスクが高いです。

ショッピング枠を転売目的で使用することは、多くのカード会社が禁止しています。

したがって、ショッピング枠でチケットや金券などを大量に購入すると、カード会社から目をつけられます。

一方、現金化業者に依頼する場合はカード利用停止になるリスクが低く、一定の現金を得られる場合が多いです。

現金化業者に依頼する際の流れとしては、まずインターネットや電話から申し込みます。そして、業者の指定する商品をショッピング枠で購入します。

決済の確認が取れれば、利用者の指定した口座へ業者から入金されます。

購入金額が10万円くらいであれば、換金率の相場は80%くらいになります。

この相場よりかなり高い業者は、悪徳業者の可能性があります。

入金までに様々な費用を請求されて、最終的な換金率が60%を下回ることもあります。

換金率には手数料などの必要経費が全て含まれている場合もありますが、一部しか含まれていない場合があります。

したがって、気になる業者に電話をして問い合わせるというのも一つの方法です。

業者の対応をチェックすることで、優良な業者かどうかをある程度判断することができます。

ビジネスとしてクレジットカード現金化を行っている業者は、難しい質問に対しても丁寧に対応します。

以下サイトなども参考にしてみてください

http://www.spd.link/listp/15.html